•  
  •  

色素性母斑・母斑細胞性母斑

benign02

俗に、「ほくろ」といわれる物の大部分がこの皮膚腫瘍にあたると思われます。悪性腫瘍との鑑別が重要ですので、経験の多い皮膚腫瘍の専門家に判断を仰ぐことが重要です。昔は切除するしかありませんでしたが、最近は患者さんの希望や腫瘍の状況によって、切除手術やレーザーによる治療、液体窒素などによる除去術など多様な治療が行われるようになりました。悪性黒色腫との鑑別が一番重要なポイントとなります。

 

一言メモ

悪性の可能性が低いと判断されるもので、顔など美容的に傷跡を残したくない場合などにレーザーによる治療を選択します。自費治療になりますがQスイッチルビーレーザーではほとんど傷跡を残しません。状況により外科的手術と組み合わせて治療を行います。